WP-DBManager
どうも、緒方です。

今回の記事では、ワードプレスのバックアッププラグイン
『WP-DBManager』のインストール方法と使い方を解説します。

ワードプレスは、

消されないサイトだと言われています。

ですが、改竄(かいざん)や不正プラグインの導入により、
消さざるを得ない状況に陥ることがあります。

そのため、日々のバックアップ作業をしておく必要があるのです。

バックアップを取るためのプラグイン『WP-DBManager』の
インストール方法と使い方を解説します。

下のマニュアルの画像が見にくい場合は、
クリックするとポップアップして表示されます。

解除する場合は、画像外をクリックするか、
Escキーを押してください。

『WP-DBManager』の導入と設定

1.『WP-DBManager』の導入

ワードプレス管理画面の左サイドバーから、
「プラグイン」⇒「新規追加」をクリック。

検索層に『WP-DBManager』と入力して「プラグインの検索」を選択します。

1

上の画像の矢印に沿って作業を進めてください。

次に『WP-DBManager』を見つけて(一番上です)、
「いますぐインストール」をクリックしてください。

ポップアップは「OK」を選択します。

2

その後「プラグインを有効化」をクリックしてください。

3

2.『WP-DBManager』の設定

「有効化」することで、エラーが発生します。

4

この状態では、『WP-DBManager』を使うことは出来ません。

きちんと使えるようにしましょう。

FTPツールを立ち上げて、
「wp-content」⇒「plugins」⇒「wp-dbmanager」と進んでください。

そこにある、「htaccess.txt」をダウンロードします。

5

次に、「wp-content」まで戻ります。

そこに「backup-db」というファイルがあります。

もしない場合は、一度『WP-DBManager』を
「停止」して「有効化」させてください。

それでもない場合は、自分で作りましょう。

僕もどうしても出なかったので自分で作りました。

デスクトップで右クリックし、「新規ファイルを作成」を選択。

「新規ファイル」の上で右クリックし、「名前の変更」をクリックし、
「backup-db」に変更してください。

あとは、このファイルを「wp-content」にアップします。

6

次に「wp-content」⇒「backup-db」の中に、
先程ダウンロードした「htaccess.txt」をアップします。

次に「htaccess.txt」の名前を変更します。
(必ずアップロードした後に名前を変更しましょう)

「htaccess.txt」の上で右クリックし、「名前変更」を選択します。

8

「htaccess.txt」を「.htaccess」に変更して、
「ok」をクリックしてください。

9

以上で『WP-DBManager』は、正常に使えるようになっています。

試しにワードプレスを更新してみてください。
先ほどのエラーは消えているはずです。

ですが、もう一つ問題が有ります。

それは、

全て英語で表記されているということです。

このままでは使いにくいので、日本語化しましょう。

3.『WP-DBManager』を日本語化

このサイトにいってください。

次に「WP-DBManager[v2.20] 日本語版」をクリックします。

10

クリックするとダウンロードが始まります。

「wp-dbmanager-2.20-ja.zip」を解凍して、
「dbmanager」にしてください。

「dbmanager」の中身の、

・wp-dbmanager.pot

・wp-dbmanager-ja.mo

・wp-dbmanager-ja.po

これらを「wp-content」⇒「plugins」⇒「wp-dbmanager」に格納します。

11

上書きの確認をされますので「以降全て」を選択してください。

ワードプレスに戻って、
左サイドバーから「データベース」をクリックしましょう。

12

メニューが日本語になっていますね。

これで日本語化は完了です。

『WP-DBManager』の使い方

手動でバックアップを取る

ワードプレス左のサイドバーから、
「データベース」⇒「DBバックアップ」を選択します。

13

「環境は整っているようです。 このまま作業を続行してください。」
この表示が出ているのか確認してみてください。

14

表示が出ていたら、「バックアップ」を選択しましょう。

151

バックアップが完了すれば、
「バックアップに成功しました」と表記されます。

16

バックアップデータが格納されているのは、
「wp-content」⇒「backup-db」の中身です。

自動でバックアップを取る

「データベース」⇒「DBオプション」を選択し、
「自動スケジュール」の欄を探してください。

そこの「DBバックアップファイル自動生成」を変更します。

1

自分のスケジュールに合わせて変更しましょう。

自動バックアップが必要ない場合は、
「無効」を選択してください。

バックアップデータが格納されているのは、
「wp-content」⇒「backup-db」の中身です。

復元する

「データベース」⇒「ファイル操作」を選択してください。

復元したいバックアップファイルを選択し、
チェックボックスにチェックを入れます。

2

あとは、「復元」を選択するだけです。

以上が、ワードプレスのバックアッププラグイン
『WP-DBManager』のインストール方法と使い方の解説となります。