ハッシュタグの使い方
どうも、緒方です。

今回の記事では、Twitterでツイートを拡散させる手段の一つ、
『ハッシュタグ』の使い方を丁寧に解説します。

ハッシュタグとは

例えば、あなたがTVを見る時間がないけれど、
最近のニュースを逐一知っておきたいとします。

そのような場合、Twitterの検索層に「#ニュース」と入力すると、

【#ニュース くまもんがゆるキャラ1位獲得】

などの、旬のニュースを見ることが出来ます。

この『#○○』がハッシュタグと呼ばれるものです。

“#”のあとに知りたいジャンルを入れることで、
そのジャンルの最新情報を知ることが出来るのです。

逆にあなたがハッシュタグ付きで投稿すれば、

そのジャンルに興味あるユーザーにつぶやきを見てもらえるのです。

ハッシュタグを使ったツイート

ハッシュタグの挿入方法

ハッシュタグ付きの投稿をする場合、

「#ビジネス最近のビジネスは甘い」

のようにつぶやいても、ハッシュタグ付き投稿と認識されないのです。

『#ビジネス 最近のビジネスは甘い』

このように投稿すれば、

・ビジネスというジャンルに

・最近のビジネスは甘い

と、ツイートされるのです。

これが一つの注意点です。

ハッシュタグを使う場合は、

【#ジャンル+スペース+ツイート】

このようにつぶやく必要があるのです。

また、ハッシュタグを挿入する方法は、

・【#ジャンル+スペース+ツイート】

・【ツイート+スペース+#ジャンル】

どちらでもいいです。

そしてスペースに関しても一つ以上空いていればいいので、
改行しても問題ありません。

ジャンルの存在

本当にそのジャンルがあるのか確認しましょう。

「#ビジネス」としても、
ビジネスというジャンルがなければ意味がありませんよね。

ですので、「ビジネス」というジャンルに投稿したい場合、

「#ビジネス」なのか「#business」なのか一度検索してみる必要があります。

また、そのカテゴリの熱さも重要です。

ハッシュタグがあっても、全く盛り上がっていなければ
そこに投稿するメリットは少ないです。

盛り上がっているかどうかは、直近の投稿数で判断してください。

以上を踏まえて、ハッシュタグを上手く使いこなしてください。